テレビの中からこんにちは。― ブログ? ぽいな ぽいな!

まったり更新サイトです。 アニメや車輪物を扱います。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【鉄ロードが】撮り鉄でいくの!~接触編【開かれた】

どうも、暁です。

さて、今回は09年撮りおさめということで、昨年同様に都内を飛び越えて関東近辺に俺としては本格的な撮影に行って来た訳で。
いつものことであるが、タイトルに関しては、もちろん某社の最近発売されて話題の信者が早速湧いている某3Dエロゲとは何ら関係ない。第一、俺はそんなにエロゲをやりこんでいないし、イデが発動したとしても皆殺しにもならない訳でw
(いや、イデが発動してクリスマスに日本中のカップルを殲滅してくれれば問題はないんだがねw)

北陸と能登が廃止されると聞いちゃ黙っていられないのが俺を含めた葬式鉄と言う退廃と混沌をコンクリートミキサーにぶちまけた最低野郎の性分である。過去にも、出雲、銀河、富士ぶさの葬式に参戦した俺だ、撮影してやらう…ということで、食事を済ませて朝も早くから北陸の撮影へと赴く訳もなく、さて、この後どうするかと言えば、今までできなかった北斗星の撮影ということで、東北本線サイドが最近高架化されたばかりの浦和へと。

北斗星in浦和
ISO400 1/800 F13 浦和にて撮影。
       ,.-‐'" ̄ ̄`"ヽ.        )
   トト-‐‐'"         ゙ー、    _)
   ゝ              ヽ   _)   イヤ───ッ!!
  /                )   )
 イ'   i r ィ  ,ィ rー、    八 __)
  \_j__ノYレ 八/ ,,'´"ヽ ヽ ヽ._ ゙ー、 )   あたしの北斗星がぁ!!
    ,ラ l ''r'iラ┐/Tiラヾ~゙Y~     )_)
    il  l   ̄ / ゙ ̄   ,!~)r、 ヽ_ノ  )
   人,,ハ「!.rn _ト'.n ィ'トr'Y~     ) _)
 /  ゙! | ! |.! lこラノ .ノノ Y    __ノ /⌒)'⌒⌒)'⌒⌒)'⌒⌒)'⌒⌒)'⌒
(\___ \ \   ゙'~ィ゙ヤ人_ノ~~ \
.ノ    `ー,,)  |    ,ノ         i
\    /|!  !   r'          !
 ヽ. /  \.jー=='イー---―‐''" ゙̄T~
  V     「    ヤ==''"     ノ
  ,|      |    メ.      ,/
   \.    /|     ~テ   _j∧
  / ヽ  / !       /   ヽ

と0083の紫豚気分で言ってしまいたいくらいの出来になってしまった北斗星。
トリミングすればいいだけの話だが、個人的にアレなので敢えて加工はしなかった。現像時のトリミングラインで切れることを期待しているからである…にしても、ここに関してはは出来たばかりだからいまいち要領がつかめないものである。
(まぁ、富士ぶさの時はもっと凄かったのだがw)

今更悔やんでも仕方ないし、リベンジを図ろうと尾久の推進回送を撮影するために京浜東北で鶯谷へと直行。お立ち台には白レンズにEOS7DのSETやD300SといったCNの最新鋭の高速連写機がずらり。そいつらは209系を待ち構える一方で、この推進運転も待ち構えていた。いやぁ、7Dに白レンズなんて組み合わせにいくら金掛けてんのか知らねぇw
そんなこんなで209系を撮影している時に、推進運転はやって来た。

推進運転中。
ISO400 1/400 F13 鶯谷にて撮影。
鶯谷で撮影したEF8187(田)の推進運転中の北斗星。最初からこの場所で北斗星を撮影すればよかったのか?と思うほど素晴らしい場所だった訳で…嗚呼、悔しい思いしたぜw
にしても、鶯谷と聞いて鶴光師匠のかの名曲のイントロが頭に浮かぶ人も多いだろうが、実際にはガラの悪いただの中国人・韓国人経営のパブ街となっている件について…まぁ、あの歌に出てきたのは本人曰く架空のストリップ小屋なんてのは判っているんだがねw

209系ウラ64編成。
ISO400 1/1000 F13 鶯谷にて撮影。
鶯谷での浦和電車区配置209系ウラ64編成の最後の力走。
にしても、209系って思ったよりも早く減っているため、撮影するのもやってという状況である。んでもって、来年に入ったらすぐになくなるというのだ…時が経つのって早いねぇw
その後、海と貨物でも見ようという事で鶴見線に乗ろうと思ったが断念。
仕方ないので、新子安を通り越して桃とタンクだらけの根岸へと初めて出撃した。

EF210-122(新)。
ISO400 1/250 F7.1 根岸にて撮影。
根岸にて撮影したEF210-122(新)が大量のタキ連ねて出発を待つ。
にしても、EF210-162の初運用目当ての大宮某軍団以上にやかましくてマナーの悪い団塊爺鉄集団がクダ巻いて『廣田のような構図の写真は下手糞だ』だの何だほざいた末に、最終的には『お前は絵も描いた時ないのか?』と…爺サン、そんなことより自分のその鼻毛を見たほうがいいぜw って建前上の相槌つきながら思ってたよ。
(にしても、相槌や話に対する反応なんてものは、個人的に旅先で地元の人間から話を深いところまで引き出すための道具として重要だと考えるが、どうか。)

…というわけで、改めて団塊爺のウザさはギャルやリア充なんぞとは比較にならないくらいであることを実感。嗚呼言う人間にはなりたくはないなw このことから学んだこととしては幾らきれいごとを言ったとしても身なりがきちんとしていないと、信憑性も薄くなることの表れであるということを学んだような気がする。嗚呼、人に自分の事を信じさせるようにもっとみなりを良くしたいものだ。第一、肌研は持っているから、その次は(ry

こんな爺鉄集団が頭にきたので気分転換に中華街と山下公園周辺をふらふらと。
叉焼の中華饅を数個食べたが、とても美味かった。これだけでも気分転換になるが…ついでだからということで氷川丸に乗船。
(次回に続く)

◆次回予告
何もかもが、クリスマスの中に沈んだ。
微笑みかけた友情も、芽生え欠けた愛も、秘密も。
そして、あらゆる悪徳も同じだ。
全てが振り出しにもどった。
喪男は死んだ魂を疲れた身体に包んで、罵声と、硝煙の地に向かった。

次回「アッセンブルEX-10」。喪男は誰も愛を見ない。 

↓面白かったらクリックしてくだちい(´・ω・`) 今後の更新の励みになりますw
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト
[ 2009/12/24 11:35 ] 鉄道 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

アクセスカウンター。
人目の入場者です。
プロフィール

暁

Author:暁
性別:♂
スリーサイズ:言えません(←男。)
一言:どうぞ宜しくお願いします。
使用機材: SONYα200

管理人からのお知らせ
管理人からのお知らせなど。
ついった
フォローよろしくお願いしますw

ブログ内検索
過去ログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
あわせて読みたいブログ達。
あわせて読みたいブログパーツ
人気記事ランキング。
このブログの人気記事ですw
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。