テレビの中からこんにちは。― ブログ? ぽいな ぽいな!

まったり更新サイトです。 アニメや車輪物を扱います。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【保存車両めぐり】保存車両めぐり4 飛鳥山公園都電6080

こんばんは、暁です。

さて、今回は久々の保存車両めぐり。今回は王子駅にほど近い飛鳥山公園に展示されている都電6080でも。
この車両は昭和24年に戦後初の新造車として製造されたもので、全国的にこの6000形の亜流車両も多く登場した。ここ数年前までイベント用として6152が製造当時の塗装に戻されて運行されていたが、老朽化のため現在では荒川遊園に保存されている他、都内に数両保存車が見られる。
この6080は都電各系統を点々とした後に昭和46年に荒川車庫に配置されて引退まで活躍した。

都電6080。
ISO100 1/160 F4.0 飛鳥山公園にて撮影。
この車両は以前はかなり荒廃していて、一時期は解体寸前までいくほどひどい有様であったが、平成17年に飛鳥山公園の再整備に伴い同所に展示されているD51853とともに修復された。
そのとき、今まで野ざらしで展示されていた6080に上屋が増設された。
なお、このときに検査表記が丁寧にも書き直されている。

6080車内。
ISO100 1/60 F3.2 都電6080車内にて撮影。
都電6080車内の様子。
窓が原型と違い、格子扉になっている。整備後にアクリルでも割れたのだろうかw
運転台の機器は子供の遊具として使われている。
この車内も再整備される前はココによると、車内はDQNの落書きにまみれていたらしい。

都電6080正面。
ISO100 1/160 F4.0 飛鳥山公園にて撮影。
しかし、この都電6080はこの飛鳥山公園では保存車両としてではなく、あくまで屋根のあるベンチとして使われているんじゃないのか?という錯覚を覚える。事実、6080の車内では女児二人が互いに携帯電話片手に音質の悪い携帯でDLした音楽を周りの迷惑を考えずにガンガン鳴らしていた。この手の音質の話はややややこしい話になるのでパス。
毎度思うが、こういう公園という場は子供にとってはマナーを学ぶ場所としても機能しているんじゃないのか?と考えてしまう。実際には学ぶ場所として機能していないと思うがw

この車両が保存されている飛鳥山公園へは王子駅南口から歩道橋経由で徒歩3分なので、これからのお花見の季節、王子に行った際にはぜひともこの車両にも寄ってみたらどうだろうか。

では、おやすみなさい。


↓面白かったらクリックしてくだちい(´・ω・`) 今後の更新の励みになりますw
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

アクセスカウンター。
人目の入場者です。
プロフィール

暁

Author:暁
性別:♂
スリーサイズ:言えません(←男。)
一言:どうぞ宜しくお願いします。
使用機材: SONYα200

管理人からのお知らせ
管理人からのお知らせなど。
ついった
フォローよろしくお願いしますw

ブログ内検索
過去ログ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
あわせて読みたいブログ達。
あわせて読みたいブログパーツ
人気記事ランキング。
このブログの人気記事ですw
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。