テレビの中からこんにちは。― ブログ? ぽいな ぽいな!

まったり更新サイトです。 アニメや車輪物を扱います。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【地上展示】航空学校霞ケ浦校一般公開に行ってみた。その2【その他】

どうも、暁です。

さて、今回も航空学校霞ケ浦校一般公開に行ってみた編、今回は地上展示機その他編だ。
一気に紹介するので、CH-47体験試乗などそんな瑣末なことはスルーの方向で、今回は進めて行きたい。

AH-64D。
ISO200 1/320 F13 航空学校にて撮影。
今までなかなか一般にお目にかかれなかったAH-64Dロングボウ非搭載機が今回、地上展示されていた。にしても、こいつの調達中止の関係でいろいろともめているAH-Xはいつになったら決まるのか…恐らく、部品など整備の関係で川崎OH-1の重武装型になりそうな気がするのだが、実際にはどうだろうか。

SH-60K
ISO200 1/320 F10 航空学校にて撮影。
老朽化したSH-60Jの後継として三菱で製造されている海上自衛隊のSH-60Kシーホーク。
下の部分のレーダーは実は塗装禁止なんだそうだ。一瞬、俺は横須賀からSH-60Bを持って来たのかと思ったのは、俺だけだろうか。それにしても、いくら新しい機体でも艦載機である限り、運用上は非常に汚れやすい事がこれで判ったような気がする…こいつを今後のスケール系統のプラモ製作に役立てればなぁw

AH-1S
ISO200 1/500 F11 航空学校にて撮影。
今回の展示飛行で披露されなかったAH-1Sコブラ。米海兵隊はこいつを双発にしたAH-1Zバイパーなんて機種を配備している。コブラと言っても、決して右手にサイコガンを持つ宇宙海賊ではない…というギャグも寒いよなw今回の公開では、整備ハッチが開かれた状態で展示されていたが、こいつは何かに使えるかも…とりあえず、積んでいるMSイグルー仕様のHG陸戦型ガンダムのビームサーベルハッチをこんな風に塗装するかw

軽装甲機動車。
ISO200 1/320 F9.0 航空学校にて撮影。
習志野の第一空挺団配置の軽装甲機動車もこの一般公開に登場。
ここの軽装甲機動車は部隊のマーキングがステンシルされているのが他の部隊とは違う。
なお、ここの近くで空挺隊員が空挺用パラシュートの紹介をしていたが、以前に朝霞の広報センターに行った時に体験した時よりも少し軽くなったのな…今回の公開で使われた低空降下用の予備傘に関してはw
(まぁ、体力がついたからとかそんなオチなんだろうけどさw)

ライフルドリル。
ISO200 1/640 F9.0 航空学校にて撮影
宇都宮駐屯地のライフルドリルも披露。
ちなみに、俺は09年武器学校一般公開の際に部隊の人間に実際に使われているM1ガーランドを触らせてもらったことがある。ずっしりと重い実銃の感触はなかなかだったが、撃った時の反動はすごいんだろうな…実際、親類が元空自で64式小銃が配備されていないころに訓練でM1ガーランドを撃った時があるという話を聞いた時、同時期に使われていた7.62mm仕様改修タイプの九九式小銃に比べたらものすごく反動がきつかったそうだ。

ということで、今回の一般公開レポートはここまで、一般公開に関しては5月にも補給処含めて公開されるので、その際には是非とも行って見るべし…もしかすると、α200にAF75-300構えた俺に会えるかもしれないなw
(来るかどうかはさておいて。)

では、また。

◆おまけ。
TwitterでミノAF75-300の無力さを嘆いたら、公開ですれ違ったかもしれないクロネコ三等兵氏よりSIGMAの戦闘機撮りに最適なAF120-400F4HSMなんて素晴らしい超音波モーター搭載のレンズを紹介された。よし、HSM付きのコレで勝つる…と思いたいが、その前にカメラバック(Oregon23)に入るかなぁ? と不安になってしまう俺がいる。
スポンサーサイト

【とりあえず】航空学校霞ヶ浦校一般公開に行ってみた。その1【展示飛行だけ】

こんばんは、暁です。

さて、今回は航空学校霞ヶ浦校の一般公開の模様を速報で送るので、色々と抜けている部分も多いがまぁ気にしないでくれ。今回の一般公開は、いつも以上に人が多かったように感じたが、これはAH-64Dアパッチ人気なのか、それとも習志野の第一空挺隊が来て実際にパラシュートで降下するから…結局のとこ、真実はどっちだったのか?

F-15Jフライパス。
ISO200 1/1600 F13 航空学校霞ヶ浦校にて撮影。
百里から305SQのF-15J×3が飛んできてフライパスしてきた。
が、今回は一回だけしか来なかったので残念だが、まぁ今回は陸自のイベントなので仕方ないか?

UH-1J
ISO200 1/500 F13 航空学校霞ヶ浦校にて撮影。
習志野の第一空挺団隊員の4人を乗せたUH-1Jが地上から発進する。
その後、このUH-1から空挺部隊が先に一人が偵察で、そして構内を一周してから3人が一気に高度340mもの高さから一気にパラシュートで降下し、隊員たちは無事に着陸した。

OH-1。
ISO200 1/500 F13 航空学校霞ヶ浦校にて撮影。
純国産の観測ヘリである川崎OH-1。
老朽化が進むOH-6を置き換えるために製造されている機体だが、まだ全国的に見られる代物ではないらしい…個人的にはUH-60JA同様にいつも見られる機体だと思っているのだがw

AH-64Dロングボウ。
ISO200 1/500 F9.0 航空学校霞ヶ浦校にて撮影。
今回の目玉、関東ではここでしか見られないAH-64Dロングボウ搭載機を撮影。
なお、AH-64Dロングボウ非搭載機に関しても地上展示で多くの連中がいたが、人気はこいつには敵わないなぁ…そりゃ、関東で唯一のAH-64Dが飛んでいる関係で全国から来ているからなぁw 

今回の教訓として、撮り鉄においてはとりあえずAPS-Cにおいては凄まじい威力を誇るAF75-300newは、軍用機撮影においてはあまりにも非力であるがよく判ったということだけだろう。とはいえ、撮り方によってはそれなりにいける場合もあるので、使い方を工夫すれば何とかいけると言う事かw

では、おやすみなさい。

◆おまけ。
うぉぉぉぉっ!! 俺のブログに来ている人なら毎週聞いていただろうコサキンDEワオ!が1年数カ月ぶりに帰って来たとばかりに、TVで復活することになった。さて、ここの読者はTVの前で全裸に心のタキシードを着て、尻の肉をケレル!とばかりにつまんで高速回転する準備をしようじゃないかw

【演習】陸自武器学校記念式典に行ってみた。~訓練実演編~【ショぼっw】

どうも、暁です。

さて、だいぶ遅れてスマンが今回は武器学校記念式典のレポートでも。

訓練実演では、『敵に占拠された陣地を奪回する』という想定のもとで訓練実演をしていた。
自衛隊の訓練実演ではよくあるパターンの想定であるが、今年はどうだろうかw

軽装甲機動車と87式偵察警戒車。
ISO400 1/640 F11 土浦駐屯地にて撮影。
まず、霞ケ浦所属のOH-6が空からの偵察を行った後で軽装甲機動車と87式偵察警戒車が威力偵察を行い、その後、短SAMとFH70が敵に対し攻撃を行った。
(まぁ、実際に短SAMは発射されなかったがw)
部隊のモーターによる火力支援の後、すぐに一般歩兵が96式装輪装甲車から降りてしばらく待機。96式は何度か20ミリ機関銃を発射した。
その後すぐに74式と90式が砲撃を開始して、敵戦車を1両撃破した。
だが、その時に90式戦車と74式戦車、弾薬を積んだ73式トラックが損傷、被害の程度を調べるためにUH-1から整備員がラぺリング降下をして、程度を確認した後で戦車回収車や小型トラックを呼んで損傷車両の整備に取り掛かった。

仮装敵仕様74式戦車。
ISO400 1/640 F10 土浦駐屯地にて撮影。
その時、敵戦車部隊が侵攻を開始してきたため、AH-1Sが敵に対して攻撃を行い、状況を容易にした。その時、敵の戦車が発射した弾の中に不発弾が確認されたため、不発弾処理部隊がUH-1Jでラぺリングを行い、不発弾を処理した。
(武器学校は日本唯一の不発弾処理の教育施設でもある…自爆、誘爆、御用心。)

突撃っ!
ISO400 1/640 F11 土浦駐屯地にて撮影。
修復が完了した戦車が戦列復帰した後、こちら側の突撃が開始。FH70が火を噴く、74式戦車が火を噴き、90式も火を噴いて戦車を撃破してすぐに歩兵小隊が敵陣地に向かって突撃を行い、陣地確保のために90式戦車と87式自走対空砲、96式装輪装甲車数両が奪回した陣地へと向かった…。

しかし、何なんだろ…この手の訓練実演では損傷する車両はあるのに、戦闘でのケガ人が出るってのがないんだろうか。
(ちなみに、習志野の第一空挺部隊の演習では戦闘中にケガ人が出ることも想定して演習をしているそうだ。流石は陸自のエリート部隊だw)

三式中戦車。
ISO200 1/160 F8.0 土浦駐屯地にて撮影。
今回の展示品のうちの一つ、唯一現存する三式中戦車。
最近、自社の多色成形機なんて誰得キットを出したファインモールドが社長直々に本社のある豊橋からこの武器学校まで取材に来たなんて記事が今月号のAMにあったなw
しかし12.7mmどころかM1ガーランドの.308なんか喰らったらひとたまりもないような八九式中戦車以来のアルミホイル並みに薄い装甲が、戦時設計だからこそ今まで以上に磨かれているな、コレ…まさに、大英帝国ほどではないが、まさに貧乏が生んだ変態兵器だなw

では、また。

◆おまけ。
各所で話題の『そらのおとしもの』EDの空飛ぶパンツを文化祭用に製作してくれという事を某所から頼まれた訳だ。さぁ、困った…空飛ぶパンツをギミック重視で作れる訳もないので、手っ取り早くやっつけで作ってみようと思うがどうだろうか。
製作費? 500円以下で何とかしてみたいとこだが…どう作ろうかw

ちなみに、SF作家の野尻氏が実際に空飛ぶパンツを作ってみたそうだが、コレが凄いこと凄いこと。なんと、あの羽ばたきギミックまで完全再現しているぜw
(この勢いならEDのようにSR-71も音速で抜けるんじゃねぇの?)

【ヘリボーン】陸自土浦駐屯地一般公開に行ってきたin09年【旧軍戦車】

こんばんは、暁です。

さて、今日開催された土浦駐屯地の記念式典行って来たので簡単にその模様でもw
いやぁ…α持ってから基地祭というものに行った時がなかったので、
時間がないので今回は手短に書き、詳しい話はまた次回の記事に回そう。

八九式中戦車。
ISO200 1/500 F9.0 土浦駐屯地にて撮影。
昨年の式典でのサプライズとして復元された旧陸軍の八九式中戦車が構内を走る。
満州事変で実戦投入されて以降旧軍の主力戦車となるものの、太平洋戦争序盤には既に時代遅れになっていたそうだ。しかし、旧軍の戦車って装甲が薄いから対戦車ロケット砲なんか使わなくとも火炎瓶かブローニングM2あたり使ったら撃破できそうな感じがするなw
しかし、コレって以前復元されたときにVWビートルのエンジンに換装されたとかって…確か、上田信センセの旧陸軍の本に書いてあったなw

軽装甲機動車。
ISO400 1/640 F11 土浦駐屯地にて撮影。
武器学校配置の武器教導隊の訓練実演の際に登場した軽装甲機動車。各基地に数多く配備されており、最近の自衛隊の中でも有名な装備としておなじみ。
今回の訓練実演では銃架にMINIMIを装備しての登場で、87式偵察警戒車と共に威力偵察を行ったときに何発か空砲を発射したが、その後MINIMIは空砲を発射しなかったように思えるが定かではない。
UH-1J。
ISO400 1/1250 F10 土浦駐屯地にて撮影。
近くにある霞ケ浦駐屯地からやってきた陸自のUH-1J。
このヘリから攻撃の被害の程度を知らせるための整備員が降下して、敵の攻撃で破損した90式戦車と74式戦車、小型トラックの状況を調査した。
(今回の訓練演習はヘリの活躍するシーンが多かったなぁw)
しかし、αでヘリ含めた空モノを撮影するのは初めてだったので少し失敗しているのはご愛敬でw

今年の武器学校の訓練演習は内容はイマイチだったが、ヘリが色々と見れて面白かったが…最後の方に登場した対戦車戦闘ヘリはどこでも見れるようなAH-1Sじゃなくて、霞ケ浦にも配置されているAH-64Dの方が面白いように思えるのだが、どうか。

では、おやすみなさい。

【陸自】霞ヶ浦駐屯地一般公開に行ってみた。

こんばんは、暁です。

今回は霞ヶ浦駐屯地と関東補給処の一般公開に行ってきたわけだが、今回はその模様を紹介する。
今回は、百里のF-15が来るということで例年以上に人が集まっていた。昨年も昨年でAH-64Dが一般に初めてお披露目されたということで全国から集まっていたが。
そしてこの頃、同じ陸自が調布の京王線沿いで不発弾処理をしていたが、今後50年ほどはWWⅡのとき落とされた不発弾処理は続くのだろうか。特に、大量の不発弾が残る沖縄では。

例年通り、まず保存機を見てからパレードの撮影へ向かう前にCH-47試乗券を貰おうとした。
しかし、俺が来た時点でCH-47の試乗券は既になかった。3年連続で乗れなかった俺って一体・・・。

AH-64D飛行デモ。

ISO80 1/1000 F4.5にて撮影。

デモ飛行でのAH-64Dを撮影。しかし、俺のG7の200mmズームでは不十分である。
うちのαsweetⅡの300mmズームは少しは役立つものの、周りが600mmや800mmレンズの中では塵以下でしかない。やはり、一眼の潜在能力は高い。
そして、こういうときはいつも以上に特小が欲しくなってくる。嗚呼、アマチュア無線3級の資格が欲しいぜ。基地祭やイベント運転ではけっこう重要なアイテムだからな。
その後、イーグルが飛んでいった。300mmズームで撮影は出来たが、現像待ちである。成功したのか、失敗したのか。近所の現像屋は安いのだが、プリントの質は悪い。だが、フイルムは安いのでいつも利用しているぞ。

無線機搭載小型トラック。

ISO80 1/250 F4.8にて撮影。

今回、妙に気になった小型トラック。このイベントの陰の主役とも言える無線機搭載の小型トラック。
特小を持っていればここでの会話が聞けたというのに。
ただ、電波法でここでの会話は誰にも話してはいけないことになっているらしい。まぁ、仕方ないな。

ペトリオットPAC3発射機。

ISO80 1/400 F5.0にて撮影。

巷で話題、そしてプロ市民には抗議対象のMD計画の主役、ペトリオットPAC3の発射機。
今まで見てきた発射機とは違い、ランチャー部分の数が違うが、多分1つしか搭載されていないのだろう。
そういえば、ここはプロ市民の妨害なしで搬入されたな。入間の辺りではプロ市民が搬入に抗議活動をしていたらしいが。プロ市民にとっては茨城は鬼門なんだろうか。まっ、メーデーの時には労働者を装ったプロ市民はでっかい公園にいるとこにはいたんだが。

数少なくなったUH-1H。

ISO80 1/320 F4.0にて撮影。

UH-1Jの配備で数を減らしつつあるUH-1H。あの「地獄の黙示録」でもおなじみの機体を富士重工がライセンス生産したもの。
自衛隊ではUH-60JAとUH-1Jを同時配備しているとの事。UH-60一本に絞れば良いのにと思うのだが、このことから考えるとUH-60はけっこう高いのだろうか。

捨てられていたUH-1

帰り際に、今回は別の道を通ろうとして別の出口に出てみたのだが、そこになんとUH-1の残骸があった。用廃になったUH-1が捨てられていたのだろうか。
もしかしたら、同じ場所に昔武器学校に展示されていた零戦もどきのT-34の残骸が捨てられていたから、一昨年まで武器学校に展示されていたUH-1Bの捨てられてたかもしれないな。
しかし、武器学校のUH-1Bは番号が塗りつぶされていたような気がするが、捨てられていたUH-1は番号が塗りつぶされていなかった。

しかし、今回は人が多かった一般公開だったな。
さて、土曜には大宮の一般公開だ。大宮で3月に引退したEF65535と昨年は展示されなかったEF5893を撮影するぞ。今週は何かと忙しいが、来週は・・・地獄の中間テストである。範囲は未だ発表されていないぞ。

では、おやすみなさい。
ページ最上部へ

アクセスカウンター。
人目の入場者です。
プロフィール

暁

Author:暁
性別:♂
スリーサイズ:言えません(←男。)
一言:どうぞ宜しくお願いします。
使用機材: SONYα200

管理人からのお知らせ
管理人からのお知らせなど。
ついった
フォローよろしくお願いしますw

ブログ内検索
過去ログ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
あわせて読みたいブログ達。
あわせて読みたいブログパーツ
人気記事ランキング。
このブログの人気記事ですw
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。